龍の瞳 玄米つやみがき(2020年 飛騨産) 1Kg [R01-002]

龍の瞳 玄米つやみがき(2020年 飛騨産) 1Kg [R01-002]

販売価格: 1,250円(税別)

(税込: 1,350円)

オープン価格

この商品は軽減税率の対象です。

Sold out

商品詳細

岐阜県飛騨産 龍の瞳 認定米

岐阜県の飛騨地方の高地の寒暖差を活かして栽培された龍の瞳です。
他地域で栽培されたものより比較的粒が大きいのが特徴です。


玄米つやみがき、とは

 

玄米の表皮を薄く磨いた独自の精米方法(1分づき)です。

浸漬時間が大幅に短縮され浸漬時間が少なくてもふっくらと炊きあがります。玄米でありながら、白米のように炊けるという優れものです。
普通の炊飯器でも炊くことができます。

 

  

 選び抜かれた認定米

龍の瞳は、契約農家が独自の栽培マニュアルを忠実に守って栽培し、厳しい検査に合格したもののみを龍の瞳ブランドとして出荷しています。
農産物検査員の資格を持つ(株)龍の瞳今井隆社長が国の検査基準に沿って品質を厳しく検査し、美味しさ、粒の大きさの面からも厳しく鑑定を行っています。
品質、美味しさ、粒の大きさ、この3つの条件を備えたもののみが「龍の瞳」として出荷・流通されます。

 

 

龍の瞳とは

龍の瞳は、水稲品種「いのちの壱」の中の最高級のお米です。
その発見は突然の出来事でした。
2000年秋の昼下がり、稲の生育を確認するためにコシヒカリの田んぼの見回りをしていたとき、とびぬけて背の高い変わった稲がありました。
まるで、その稲がオーラを出しているかのように引き寄せられました。
その稲をよく見ると籾(もみ)は他品種の1.5倍ほどの大きさでした。

のちに「いのちの壱」と命名される新品種の発見です。

レビュー

0件のレビュー