龍の瞳 (2020年 岐阜県産) 1Kg [R01-001]

龍の瞳 (2020年 岐阜県産) 1Kg [R01-001]

販売価格: 1,064円(税別)

(税込: 1,150円)

オープン価格

この商品は軽減税率の対象です。

Sold out

商品詳細

岐阜県産 龍の瞳 認定米

岐阜県内の飛騨地域を除いた美濃地域で栽培された龍の瞳です。
美濃地域は縄文時代末期には既に稲作文化が根付いていたといわれる歴史があるように、古くから稲作が盛んな地域です。

 

この味、この食感、初体験

炊き立ての龍の瞳をほおばると、一粒一粒噛むごとにその美味しさが口の中に広がり、いつまでも噛んでいたい美味しさです。
その香り、甘み、粘り、噛みごたえをお楽しみください。
また冷めても美味しいのも龍の瞳の特長で、お弁当やおにぎりにもおススメです。
特に塩むすびは、龍の瞳の美味しさを十二分に楽しんでいただけます。

 

 選び抜かれた認定米


龍の瞳は、契約農家が独自の栽培マニュアルを忠実に守って栽培し、厳しい検査に合格したもののみを龍の瞳ブランドとして出荷しています。
農産物検査員の資格を持つ(株)龍の瞳今井隆社長が国の検査基準に沿って品質を厳しく検査し、美味しさ、粒の大きさの面からも厳しく鑑定を行っています。
品質、美味しさ、粒の大きさ、この3つの条件を備えたもののみが「龍の瞳」として出荷・流通されます。

 

龍の瞳の白米は 

独自の精米方法(7分づき)で胚芽を残し、その胚芽にはうまみ成分と栄養が詰まっています。
とぎ汁にもその養分が含まれていますので、白く濁る程度に軽く2回ほどかき混ぜて炊いてください。
吸水性が高いお米ですので、浸漬時間は殆ど不要です。

 

 

龍の瞳とは

龍の瞳は、水稲品種「いのちの壱」の中の最高級のお米です。
その発見は突然の出来事でした。
2000年秋の昼下がり、稲の生育を確認するためにコシヒカリの田んぼの見回りをしていたとき、とびぬけて背の高い変わった稲がありました。
まるで、その稲がオーラを出しているかのように引き寄せられました。
その稲をよく見ると籾(もみ)は他品種の1.5倍ほどの大きさでした。

のちに「いのちの壱」と命名される新品種の発見です。

レビュー

0件のレビュー